次のようなお悩みを人知れずお持ちの
歯科衛生士さんにオススメします

次のようなお悩みを
人知れずお持ちの
歯科衛生士さんに
オススメします

  • 国家試験は合格したけど、どんな勉強をすればいいかわからない…
  • 患者さんを担当させてもらえることになったけど、どう接したらいいのかわからなくて不安…
  • 自分流でそれなりの歯周治療はできるが、実は後輩から質問されるのが怖い…
  • 相談相手がいないので、誰にも教えてもらえないし、ドクターには聞きづらい…
  • 復職したいが、ブランクがあるので、新しい職場で若い子に混じって勤める自信がない…
  • 今の自分は“できる”ようになったけど、“できない”後輩のアドバイスに困っている先輩歯科衛生士さん

現場に携わる不安を、誰にも
相談できずに悩んでいませんか?

現場に携わる不安を
誰にも相談できずに
悩んでいませんか?

国家資格をパスして歯科衛生士のライセンスを取得しただけで、臨床の現場で診療に携わることの不安は、誰しも大きいものでしょう。
医院の規模や方針によると思いますが、就職後に十分なトレーニングを積んで働いている歯科衛生士さんはどの程度いらっしゃるでしょうか?

大して教えてもらうことなく、今に至っていませんか?経験を積んでスキルアップしながらも、不安や心配も増えていませんか?

また、ブランクがある歯科衛生士さんも、同じかそれ以上に不安で、復職をためらったり断念される方もいらっしゃるのではないでしょうか?

患者さんに「分かる」「伝わる」レベルのカンタンな知識が備わっていれば、診療室ではまず十分です。既に国家資格を取得しているからこその説得力も、本来は大きいです。
ぜひ本セミナーの学びを通じて、歯科衛生士としてやり甲斐を感じて仕事を楽しめるようになってください。

当院に就職した
歯科衛生士も

カンタンな基礎知識を
学んだだけで多くの
変化が起きました

普段の診療室で、基礎知識が少ないヒヤヒヤをどうにか凌ぐ術(すべ)を自分なりに編み出しながら、内心は四苦八苦しながら説明をしていませんか?

そもそも、素人の患者さんに大して、難しい知識は必要ありません。
また、私たちプロは患者さんから委ねられているので、“お客様扱い”し過ぎる必要もありません。

「学校では教えてくれなかった」
「まずこれを教わりかった」

歯やお口の役割や病気に関する知識や、患者さんとの関係性を「学校では教えてくれなかった」視点で学んで
「へぇ、こんなに簡単だったの?」と驚かれるのではないかと思います。

当院の歯科衛生士のほとんどが、就職した頃にこのセリフを口にしていました。
キャリアの浅い歯科衛生士はモチベーションが高まりましたし、ママになって復職する者には自信を回復させることができました。

どのように変化していったのか、一例としてキャリア11年目になるママさん歯科衛生士のケースをご披露しますね。

自信をなくして心療内科に
通うことになった歯科衛生士

彼女(以下、M歯科衛生士)は、学生の時から「歯科衛生士として働きたい!」という想いが強く、地元の歯科医院に就職しました。院長先生はとてもいい人でしたが、長年勤めている受付スタッフから、強烈ないじめを受けたそうです。

憧れて歯科衛生士になったのに、いつしか泣いて帰宅する毎日になってしまいました。心療内科に通いながらなんとか勤めていたものの、ついに限界がきてしまい、とうとう職場へ行けなくなってしまい退職したそうです。

退職後も心療内科にはしばらく通っていたそうですが、
「歯科衛生士の資格なんか取らなきゃ良かった。」
「この仕事につかなきゃ良かった。」と、強く後悔したそうです。

時間の経過とともに少しずつストレスが減っているところに、求人情報で当院のことを知ったそうです。すぐに復職する気になれない時期だったので、応募はしなかったとのこと。

当院の近くに住んでいる、歯科衛生士学校時代の同級生に当院のことを尋ねたところ、偶然にもその彼女が当院で勤務をしていて(現在は主任歯科衛生士)、医院の方針や職場の雰囲気などいろんなことを聴いて、「としな歯科医院で働きたい!」と思ったようで、
当院が募集していないにもかかわらず、M歯科衛生士は自分から「募集をしていませんか?」と連絡をくれました。面接で直接いろんなお話しをさせてもらって、「当院に合う人材」と判断できたので、採用することにしました。

当院では、M歯科衛生士が心配していた人間関係のトラブルは全くない上に、シンプルな知識や情報を教われたので、1年目の終わり頃(2月下旬)の就職でしたが、伸び伸びと“遅れ”を取り戻して成長してくれました。

学生時代からお付き合いしていたご主人は、「1軒目の医院に就職してからは、毎日慰めてばかりでとても心配していましたが、こちらで働くようになってから息を吹き返しました。」と話してくれました。

現在、M歯科衛生士にはお2人のお子さんがいるのですが、奥様業と母親業とともに歯科衛生士の仕事を楽しんでくれているのがご主人にとっても嬉しいそうです。
M歯科衛生士から聴いた余談ですが、「保育園に預けている5歳になる上の子(長女)が『仕事から帰ってきた日のママは楽しそう!」と言ってくれました。」とのこと。親の背中を見て、我が子が「仕事をするって良いこと!」って思ってもらえるなんて素敵なことだと思いませんか

本セミナーを通じて
歯科衛生士として自信を
取り戻しませんか?

もしかしたらあなたは今、当時のM歯科衛生士のように著しく自信をなくしているかもしれませんし、そこまでではないかもしれません。

いずれにしろ、自信をなくしたり、働くのが辛くなっていたり、ご自身で復職を遠ざけているような歯科衛生士さんがかなり潜在しているのではないかと私は思っています

そこで、カンタンな基礎知識を学び直してもらうことで自信をつけていただきたいと思い、セミナーを催すことにしました。

語る私こそ全くレベルは高くなく、誇れる専門医資格はゼロです。

「街の歯科医院」の使命と、そこで従事する歯科衛生士、歯科助手と歯科医師の役割をずっと考えてきました。

患者さんに歯科医院を定期利用してもらうことによる健康増進への貢献は明らかです。そこには、歯科衛生士の存在が無くてはなりません。

その歯科衛生士さんたちに必要なことはホスピタリティ精神と患者さんに伝われば十分という極カンタンな歯科医学知識です。
さながら、小学校高学年や中学生でも分かるレベルで十分です。

「なるほど!」
「なんだ!そんなカンタンなことだったの!」

など、このセミナーをきっかけに“とっかかり”の部分の疑問が晴れれば、あとはご自身の興味の持ち方次第で、臨床(診療現場)を楽しめて、いくらでも自分で自分の成長を感じられるようになります。

何歳からでも遅くありません。
すべての人に「なって良かった!歯科衛生士」と思ってもらえるキッカケにしてほしい学び直しセミナーです。

健康寿命が伸び続ける将来に、歯科衛生士さんは日本人のあらゆる世代に必要です。

新人さんでも、ブランクのあるママさんでも
患者さんが「なるほど!」と
納得される説明ができるようになる

「歯科衛生士のための、日本一カンタンな
歯科基礎知識の学び直しセミナー」

新人さんでも
ブランクのある
ママさんでも

患者さんが
「なるほど!」と
納得される説明が
できるようになる

歯科衛生士のための
日本一カンタンな
歯科基礎知識の
学び直しセミナー

お話しする主なテーマ

  • そもそも「ムシ歯とは?」「歯周病とは?」
  • 歯科医師と歯科衛生士の役割分担は?
  • 診断はこれだけで解決!「4つのリスクファクター」
  • 患者さんの納得のための「共感ヒアリング」
  • ストレスなく成約率が高まる自費治療の説明

などについてお伝えしていきます。

セミナー情報

〇会場
大阪市西区北堀江1-20-13 ライフシステムビル7階
http://www.dentalx.jp/05planet/showroom.html
会場名明記
「(株)プラネット大阪ショールーム」

〇アクセス
 地下鉄鶴見緑地線「西大橋」駅4番出口 徒歩1分

セミナー参加費

DH:1,000円(税込)
なお、2018年3月卒業、2019年3月卒業の方は500円(税込)でご参加いただけます。
さらに、学生(歯科衛生士学科に在学中)の方は、特別に無料でご参加いただけます。
ぜひ奮ってご参加ください。

また、先生方にも聴講いただけます。
受講料は3,000円(税込)です。参加される歯科衛生士さんにとっての「安心安全な場」を作るために
各回定員2名様とさせていただきます。

一度お申込いただきまして、
定員を超えた場合には、こちらからご連絡を差し上げ、日程変更をお願いする場合がございます。

講師プロフィール

講師:年名 淳(としな歯科医院:大阪府泉大津市)
ドクターの強みを発掘する現役歯科医コンサルタント
S&H育成ゼミナール主宰

現在歯科衛生士12名在籍(含パート)
ごく簡単な基礎知識を学び直して
自分らしくDH業を楽しんでいます。

【所属】
・泉大津市歯科医師会
・日本ヘルスケア歯科学会
・日本顕微鏡歯科学会
・大阪SJCD
・臨床器材研究所
・米国NLP協会マスタープラクティショナー
・日本キャッシュフローコーチ®協会デンタルアンバサダー
・日本経営コンサルタント協会会員

セミナーへの想い

最後に少しだけ、私のセミナーにかける想いをご一読ください。

私が一番救いたいのは、志のある歯科衛生士さんです。自分にマッチするところであれば働きたいけど、良い職場環境に巡り合えていないという子たちに対して光を当てられたらいいなと考えています。

現状の問題点を、「お給料」をテーマにお話ししてみますね。
例えば、初任給で25万円支給される医院に就職したとします。けれど、新人がいきなり25万円分の働きをすることは当然無理です。一方で、医院側の立場としては、何もできなくても25万円の人件費が発生するという実態があります。

本来なら時間をかけて、25万円に相当するだけの仕事ができるようになるまで育ててあげたいと考えている医院がほとんどです。ただ、「さっさと働け」と思ってしまうところが多いのだと思います。

特に、診療現場での歯科衛生士という業務は、ミスしてもカンタンにやり直せるような事務仕事とは違い、人のカラダを触るので、常にミスができないという怖さが付きまといます。ですから、その恐怖心を乗り越えられるトレーニング期間が十分に必要なんですね。

普段の診療で緊張する場面をどう乗り越えたらいいのか?ということを学んでいないのに、
「給料を払ってるんだから働けよ」という、言葉がなくてもプレッシャーがかかって、
無理されている歯科衛生士さんが相当おられて、結果として、志ある人が辞めてしまうのではないか?と思っています。

歯科衛生士学校への求人倍率は20倍と言われる現場ですので、辞めても再就職には困ることはないでしょう。
しかしながら、次の職場でも同じような経験をされたら、歯科医業界に愛想を尽かして、居なくなってしまうのではないか懸念しているのは私だけではないと思います。せっかく3年〜4年もかけて取ったライセンスが活かされないままなんて残念過ぎませんか?
ご結婚、妊娠、出産や育児などをきっかけに現場を離れられたママさんたちが復職を躊躇されているなら、これももったいないことです。

「歯科衛生士として働きたい!」という方々に、自信をつけたり取り戻すきっかけにしていただきたいと心から願っています。

こんな私の考えに、少しでも共感していただけるなら、ぜひセミナーにご参加ください。
お会いできることを、心から楽しみにしております。